四季彩 鮨楽 鮨楽:0742-26-3767
ホーム こだわり ランチ メニュー ドリンク 持ち帰り寿司 店舗紹介
 
 
 
自分が入学した専門学校は、2年制で1年目は獣医・飼育員・トリマー(犬の散髪屋さん)など幅広く学び、2年目はひとつにしぼり専攻して学ぶ制度でした。入学して間もなくペット屋さんになるにも国家試験の資格が必要と知り早くも暗い気持ちになったのを覚えています(T_T)    
初夏の頃、石川県の能登半島にある穴水という所に、二泊で体験実習に行きました!牧場でしぼりたての牛乳を鍋であたためて、殺菌したモノをいただき、自然のもつ「ほのかな甘さ」に感動しました(*^_^*)牛のえさになる干し草を整理したり牛舎を掃除したり、長靴で作業中にたまたま大き目のサイズをはいていたので助かりましたが、つま先を牛に踏まれたり8-O  と、いろんな貴重な体験ができました!     
その頃、早くも将来に不安を感じ始めていたので、兵庫県の宝塚市から通学していたM君も同じように感じていると知り、その夜、宿泊施設の屋根にふたりで上り、熱く語りあいました。その時、生まれて初めて「天の川」とプラネタリウムの様な満天の星空を見ることもできました!M君とは今でも連絡は取り合うので、この時の話をしたりもします☆    
そうして、ペット業界への不安は大きくなり「自分の進むべき方向」を自問する日々がはじまりました。そんな時、専門知識向上をはかる一貫で動物の生態を知るために、写真などで観察してイラストにするプロのイラストレーターを講師に迎えた授業があり絵を描くことが大好きなのでどの授業よりも楽しくうけていました(*^_^*)      
その先生より、本業であるイラストレーターの仕事のひとつで児童用絵本の挿絵があり、その中の数点を学生に描かせようという試みを考えられ、希望者を募りました。自分を含め5人が名乗りをあげ参加させていただきました!先生の専門は「鳥」だったのでいくつかの選択肢のなか、自分は「ペンギン」を選びました。二ヶ月ほどの制作期間でしたが、先生の自宅を訪ねて指導してもらったり、あまりの難しさに途中で何度もあきらめそうになりました(T_T) なんとか作品が完成しても、出版会社の倒産危機が訪れたりと紆余曲折はありましたが、一部の学校図書として無事出版され先生のご厚意で手元にいただき大切にしています。    
一方、寿司屋の調理補助のアルバイトでは当時7,8人の寿司の職人さんがおられ、毎日大変忙しく調理補助のアルバイトの仕事は茶碗蒸しを蒸したり、一品のげそ塩やサザエのつぼ焼きを焼いたり、食材を仕込みしたりと包丁をもつ機会も多くありました:-D    その頃からアルバイトが終わるとよく、職人さんの徹夜マージャンによんでもらい、マージャンがわからないので職人さんのビールつぎなどして、少しづつお酒も、社会も覚えはじめていきました(*^_^*)  まぁ、法律上はお酒は少し早いのですが...                                                ~つづく~    
2011年3月29日  2:05 AM |カテゴリー: 未分類 |コメントはまだありません
 
 
 
 
2017年6月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
 
 
 
 
おまかせ寿司コース
 
持ち帰り寿司
 
気まぐれ店主からのお知らせ
 
四季彩 鮨楽:0742-26-3767
 

HOMEこだわりランチメニュードリンク持ち帰り寿司店舗紹介

COPYRIGHTS 2011, 四季彩 鮨楽 All Rights Reserved.